子供たちの作品の保管方法

絵を描いている写真

子供たちの作品の保管方法はどうしたらよいか

子供たちの作品て見てると懐かしくなったりしてなかなか捨てられないんですよね。

今日子供部屋を片付けていると、子供が保育園だったり、小学校だったりで作ったものや描いてきた絵などがわんさかと出てきました。

で、どんどん溜まってしまいがち。

保管するにもどこまでとっておけばいいものかなやみますよね。

でも、今まさに私は断捨離をしている最中で、これはなんとかせねばと思い考えました。

子供たちの作品は写真に残すとコンパクトになる

写真を撮る

まず、作品たちは、まあ場所をとること(-_-;)

とにかくこのボリュームを何とかしたい!!

そこで、作品ひとつひとつを写真に収めることにしました。

全部写真に撮っておけば、実物が無くても写真を見て懐かしむことはできますもんね。

よく写真に撮る方法は話に聞いたりしていたのですが、量が量だけになかなか重い腰を上げられずにいました。

そして、今日はやるぞと決意をしてやることに!!

そしたら、楽しいことなんの♪

保育園の頃の絵は意味がわからないものばかり(笑)

小学校の低学年の絵はとても色鮮やかで独創的な絵がたくさん。結構感動してしまいました。

高学年になると模写系が多くなってくる。どんどん上手に☆彡

子供の成長を感じながら、一つ一つ丁寧に撮っていきました。

撮った写真をフォトブックにしてしまおう

フォトブック

写真に撮るだけだとそれで終わってしまって、たぶん見返すことはほとんどなくなってしまうだろうとおもって、写真をフォトブックにしようと考えました。

フォトブックといえば、dフォトの無料分が5冊分そのままだったことを思い出しました。

dフォトを契約中なので1か月に一冊ずつフォトブックがもらえるんですが、ずっと忘れてて繰り越し分も合わせて5冊分もたまっていました。

ちょうどいい機会なので、子供たちの作品集のフォトブックにしてあげることにしました☆彡

どんな感じになるか楽しみ♪

実物の作品たちの行方

実物の作品たちは、写真に収めたら処分しようと思っていたのですが、なかなか捨てるのに抵抗があり、結局すべては捨てられず、厳選したものは残しておくことにしました。

私の判断ではやっぱり無理なので、子供たちに託そうと思います。

それでも、量としてはかなり減ったので満足です(*^-^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました