上顎突出通院3回目

歯医者

今回で、長女の通院は3回目となりました。

今回の通院で行ったことをお伝えしたいと思います。

診察室へ

今回は長女のみでの診察でした。

診察室へ呼ばれたので一緒に中に入ろうとしたら、
「おうちのかたは、こちらで待っていてください。」
と言われてしまいました。

ついにブランケット装着

長女が診察室から出てくると、歯に何かがくっついていました。

どうやら、これはブランケットというものらしいです。

よく矯正している子が付けているやつですね。

真ん中のいくつかは半透明になっていて目立ちにくくなっていました。

まだワイヤーは通してないので痛みはないとのこと。

装着してみての感想

娘に聞いてみるとそんなに違和感はないらしいです。

ただ、装着した時の接着剤が超苦いらしく、必死に我慢をしていたみたいです。

接着剤でくっつけるんですね。なるほど。

目立ちにくいように内側に装着する場合もあるらしいのですが、

内側の場合はしゃべりにくいというデメリットがあるみたいです。

娘の場合は外側なのでしゃべりにくいことはないのですが、口を閉じるときに

ブランケットが唇に少しひっかっかるようです。

まとめ

この状態で1か月過ごすことになりました。

これからはブランケットと長いお付き合いですね。

また、1か月の予約をとって家に帰ってきました。

ブランケットが付くと矯正がいよいよ始まるという実感が出てきますね。

ということで、また次回報告したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました