いぼの発見と治療

うちの末っ子ちゃんの手にいぼができてしまいました。ウイルス性のいぼです。正式名称は尋常性疣贅と言います。普通は病院に行って液体窒素(ドライアイス)で治療をすると思いますが、なるべく痛くない治療法をと考えているため、自宅での治療を始めたいと思いました。木酢液クリアというものを使った治療法です。詳しいやり方は いぼ完治までの経過をお知らせします にまとめてあります。れから実際に治療の様子をお知らせしていきたいと思います。

いぼの発見

上の写真は治療を始める前の写真です。(左手末っ子ちゃん4歳♀)手のひらの右下にぽこっとしたいぼがあります。表面はなめらかで、固くなっています。

この写真を撮った一か月前に手足口病にかかり、その水疱と紛れてひときわ目立った一つプツンと水疱らしきものがあったんですが、今から思えばそれがいぼの赤ちゃんだったのかも。

1か月その水疱のひとつだけなかなか消えないなと思いながらも放置していたらここまで大きく育ってっしまいました。

ここにきてやっといぼだということに気が付きました。(遅いよ!!)

治療開始

まず、治療開始の日は、お風呂上りに木酢液クリアを綿棒にしみ込ませ、いぼのところにあて、吸収させました。そしてそのまま絆創膏を貼り就寝。

この一週間後に家族で泊まりのお出かけ(長島スパーランド)の予定があったので、痛みが出ると困るのでこのまま一旦放置することに決めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました