子供の水いぼ早めの対処が大事(苦痛のない方法とは)

暑いこの時期、子供の病気で急増するのが水いぼです。

実際は、夏以外でも水いぼができることは結構あるのですが、水いぼをとらないと

プールに入れないため慌てて皮膚科を受診してとってもらうという流れが多いみたいですね。

水いぼの治療というとピンセットで詰まんでとるのが知られていると思います。

実際、私が勤めている皮膚科にもたくさんの子供さんが水いぼをとりに受診しています。

痛いうえに、みんなに押さえつけられて子供にとって恐怖しかないと私は思います。

親にとってもわが子が痛みと恐怖で大泣きしている様子を見ているのは心苦しいですよね。

そうならないためにも、水いぼのことを良く知ってほしいと思います。

水いぼって何者?

水いぼは、伝染性軟属腫と言って、小さい水疱が体のいろいろな場所にできる病気です。

主に小さいお子さん中心に発症します。

お腹・太もも・わきの下などの皮膚が柔らかい場所にできることが多いようです。男の子の場合おちんちんにできてしまうこともあります。

最初は1,2個から始まり、肌が乾燥していたり、湿疹ができていると、かゆみを生じる場合があるため、水いぼのある場所を掻いてしまってそのまま他の場所を触ったりして、増えていってしまうケースが多いです。

そして、接触することで感染するため、兄弟がいる場合、高い確率で感染してしまいます。

水いぼができてしまった時の対処法

お子さんの体に水いぼを発見したら、少ない数のうちにすぐにお医者さんに診てもらいましょう。

肌のコンディションが悪いまま放っておくと、手がつけられないほど増えてしまうことがあるからです。

水いぼは自然治癒する病気でもあるため、漢方薬を飲んだりして様子を見る場合もあります。 小児科のお医者さんは積極的には水いぼをとらないで自然治癒を促す方針が多いようです。

皮膚科では大体水いぼはとる方針のお医者さんが多いようです。

なので、水いぼがあるとプールが入れないといった場合は、皮膚科に行って取ってもらうことをお勧めします。

水いぼの治療で一般的なのは、ピンセットのようなもので、水いぼの中に白い芯があるのですが、それを摘み取るように、プチプチと水いぼを摘まんで潰していく方法です。

最近では、痛みを軽減するため、一時間前に麻酔のシールを貼ってからとる場合がほとんどです。

それでも、動かないように大人が何人かで体を押さえつけるため、恐怖のあまり泣き叫ぶ子が続出します。

我が家の水いぼ体験談

我が家の子供たちも、長女さんと真ん中くんは保育園の時に感染してしまいました。

まず、長女さんができた時は水いぼの取り方を皮膚科の先生におしえてもらい、

長女さんは眠りが深かったため、眠っている間にピンセットでとってしまいました。

数も増えずそのまま終わった感じです。

次に真ん中くんですが、この子は眠りが浅かったので、ちょっとつまんだだけでも起きてしまって泣き叫ぶためとても苦労しました。かといって、皮膚科に行ってみんなに押さえつけられて取るのは、私としては気が引けたので(結構これで病院嫌いになってしまう子が多いんです)、何かいい方法がないかいろいろ調べました。

そしたら、イソジン液(うがい薬ではなく消毒液の方)を塗って治療する方法にたどり着きました。

やり方

  1. お風呂上りにイソジン液を水いぼに綿棒でつける
  2. 乾かす

以上、これだけです。これを2,3週間続けたらいつの間にか干からびて無くなっていました。

このおかげで真ん中くんは家で治すことに成功しました。

私みたいに、病院でわが子の泣き叫ぶ姿を見るのが嫌だと考えている方は、一度試してみるのもいいかもしれません。

ですが、これは誰でも治ると保証するものではないので、これで治ったらラッキーっていう感じで試してくださいね!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました