【体験談】レーシックをやって良かったこと悪かったこと

私は10年ぐらい前にレーシックを受けました。

そして現在は近視に戻ってしまい、

コンタクトレンズをして生活しています。

今となってはもう少し様子を見てから

受けるべきだったのかなと思います。

なぜならば、視力が戻ってしまった原因に

心当たりがあるからです。

まず、レーシックを受けた年齢です。

私は、23歳の時にレーシックを受けました。

思い出してみると、その時期

パソコンを使った仕事をしていたのもあり

どんどん近視が進んでいたのです。

1年ごとにコンタクトの度数を上げていたような気がします。

ということは、視力が安定せず、

まだ近視が進む余地があったということです。

一緒に受けた主人は当時28歳でした。

視力は大体同じ度数で安定していたと思います。

そして現在、主人は手術後と変わらない視力で安定しています。

ということなので、私も主人のようにしっかりと近視が進むのが

落ち着いたころにやっておけば、今のように

近視が戻ることもなかったのかもしれません。

ですが、少なからずレーシックはやって良かったと

感じています。

それは、育児で一番忙しい時期に裸眼で過ごせたことです。

レーシックを受けたのが、一番上の子を出産して

1年経った頃でした。

そして、2番目の子と3番目の子を産んだ時も

まだ裸眼で生活ができました。

なかなか子供が小さい間は、ほんの少しの手間も省きたい時期。

その時期に眼鏡やコンタクトをしないで過ごせたことは

とても良かったと思います。

そして、お金の面でも助かりました。

レーシックの手術費用は、生命保険などの医療保険が出たのもあって

実費が大体10万円ちょっとだったと思います。

コンタクト代が1年で少なくても3万円ほどかかっていました。

裸眼で過ごせたのが8年くらいなので、

十分元は取れたかなと思います。

これからレーシックを検討する方は

近視の戻りなどのリスクを含めて考えてほしいと思います。

それから、

レーシックを受けると白内障の手術を受けるのが

大変だそうです。角膜を削ってしまっているので

しっかりとした屈折のデータをとるのが難しいからだそうです。

視力回復を望む人は、まず手術を受けずに済む方法を

考えた方が良いと思います。

視力回復の目のトレーニングやサプリメントなど

試してみるのも良いかもしれませんね。

【眼科医も注目の超音波治療法!】

それで、良くなればとてもラッキーだと思います☆彡

私もそうすれば良かったと思うこの頃ですが、

まあ、済んでしまったことはどうしようもないですし、

メガネやコンタクトとうまく付き合って、

できるだけ目をいたわってあげたいと思うこの頃です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました