保険は必要ない?正しい保険の入り方

みなさん保険には加入してますか?

当然入ってますよって方が多いと思います。

私ももちろん加入しています。

どんなタイミングで保険に入りましたか?

私は、結婚して子供ができた時に初めて

保険について考えました。

何かあったら困るからということで入りました。

保険というと…

  • 死亡した時のために終身保険
  • 病気になった時のために医療保険
  • がんになった時のためにがん保険
  • 収入が途絶えた時のために収入保障保険
  • 子供の学費を貯めるために学資保険
  • 老後のために積み立て保険
  • 火災、地震、自然災害の保険
  • 傷害保険
  • 車の保険

その他にもあるかもしれませんが、私が知っているだけでこんなにあります。

全て入ったとして、毎月数万円とかかってしまうと思います。

一時期うちは上記にあげたすべてに入っていました。

そして、だんだんと減らしているところです。

何故かというと…

保険代だけで数万円もかかって、家計を圧迫していたからです。

おかしいですよね。困らないために保険に入っているはずなのに

今の生活で困っている…

本末転倒なのでした。

そこで、無駄な保険は無いかを考えてみることにしました。

まず削ったのが、ガン保険です。

「ガンは3人に1人の確率でなります」と

保険会社の宣伝で良く言われていますが、

本当にそうなんでしょうか?

死因の原因としてガンが多いのは事実ですが、

それは歳をとってからの話。

若いうちにガンにかかる確率はそれほど高くないのです。

それにガンは遺伝する病気なので、自分の家族や親せきを

たどっていけば自分がガンになる確率が高いか高くないか

わかると思います。

ガンになった人が家系にいる場合は入っておいた方が良いと思いますが…

ということでガン保険は切りました。

それから、医療保険ですがこれも結構無駄に高いものを

かけている場合があります。

日本に住んでいる限り国民皆保険制度によって

健康保険に加入しているため普通に医療費自体は安いです。

ほとんどの治療が健康保険が効きますし、

入院や手術をして医療費が高額になったっとしても

定額を超えた分は手続きをすれば戻ってきます。

治療中働けないとしても、サラリーマンだったら傷病手当金を

もらうこともできるので、なんだかんだ保証されていると思います。

ただし、貯金が無くて心配な場合は、

必要最低限の保証の掛け捨ての安いものに入っておけば、

どちらに転んでも、損はないと思います。

安心のために少しは貯金をしておいた方が良いですけどね。

子供がいる場合かけておいた方が良い保険もあります。

それは学資保険です。

普通に貯金をしても、金利が安いため全く増えないからです。

学資保険なら銀行預金よりも利率が高いため、計画的に貯められます。

そして、子供が自立するまでは死亡保険も入っておいた方が良いです。

死亡保険の必要保障額は年齢によって変わってきますので、

ずっと同じ保障額ではなくて、

子供が自立するまでの必要金額を考えます。

産まれたばかりの子がいた場合は多めに、

大きくなるにつれて少なくなるように設定します。

これで、結構保険料を削ることができます。

住宅ローンを払っている場合は必ず

地震、火災、自然災害の保険に入っておくべきです。

住宅の修繕にはかなりの金額もかかりますし、住宅ローンを払っている場合

修繕費まで手が回らないからです。

それから、車の保険もしっかり入っておきましょう。

入っておくべき保険にはしっかり入り、

無駄な保険や保証をカットすることでかなり違ってきますので、

保険の見直しは定期的にした方が良いと思いますよ。

私の理想は、すべての保険をかけなくてよいようにすることです。

ちょっとした事故や災難にもへこたれないほどの資産を築くということ。

険しい道のりだと思いますが、頑張っていきたいと思います。

ということで、今回は保険のことについて書かせていただきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました